もー早漏なんて呼ばせないぞ!

早漏は男性にとって恥ずかしいことですよね。しかし、早漏を治すための薬があるので服用して改善しましょう。早漏は精神的な原因からもなりますし、肉体的な問題からもなりますので薬などを使って改善していきましょう。

早漏はおおよそ何分?

早漏の定義は明確ではありませんが、おおよそ3分で射精すれば該当すると言われます。
人によって1分、5分などと認識は異なりますが、世間一般的な認識としては3分以内という説が有力です。
女性の本音としては、長時間の挿入は苦痛になると感じているのです。
絶倫の男性だと、1時間挿入しても射精しないという方もいますが、これは女性にとって相当な苦痛となります。
最適な挿入時間は7分~15分程度であり、大体10分程度持てば女性としても満足できると言われる方が多いです。
3分で射精するケースに関しては、満足できる女性は非常に少ないでしょう。
性行為を義務的に考えており、早く済ませたいという女性なら3分でも問題ないでしょう。
しかし、自分も絶頂を迎えたいという女性にとって、3分という時間は短すぎるものです。

早漏に対して遅漏が問題視されないのは、射精コントロールが可能だからです。
射精まで時間の長い男性は、射精コントロールにより早く射精できる方が多いのです。
しかし、早漏の男性の場合は、長持ちさせようと思ってもペニスが言うことをききません。
3分で射精する男性が10分持たそうと思っても難しいですし、それが可能なら早漏で悩むことはないでしょう。

3分以内に射精してしまう男性は、自身を早漏と認識したほうがよいでしょう。
早く射精してしまう原因としては、勃起力が不十分、または包茎が関係していることもあります。
特に真性包茎だとあっという間に射精してしまうケースが少なくありません。
仮性包茎の男性の場合は、常に亀頭を露出して刺激に慣らして、少しずつ皮膚化させていきましょう。
亀頭が敏感なほど射精まで早くなるので、包茎の男性は亀頭強化を行って様子を見ましょう。